ヘッドライン

Now loading...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性癖っていうのは、人生の経験を積むとともに少しずつ変化していくものだ

785 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 2010/10/25(月) 02:33:19 ID:iiwnveRh

性癖っていうのは、人生の経験を積むとともに少しずつ変化していくものだ。
変化こそが人間の成長だというのなら、性癖も成長している。
仮に、性癖の成長を道に例えてみよう。
私の後に道は出来る理論で、どんどん道は伸びていく。
でも、性癖っていうのは時としてどんどん歪む。
特に童貞に顕著だ。
照らし合わせるべき現実を知らないから、徐々に、しかし確実に歪んでいく。
音程のずれた音叉を使ってピアノを調律し、そのずれたピアノからさらにずれた音叉を作り、そしてまた調律を…という具合に。
一度本道を逸れだすともう止まらない。
本人はまっすぐ進んでいるつもりでも、どんどん片側に曲がっていく。
周りにそれを教えてやれるセックスパートナーがいれば、彼は自分の歩みがまっすぐでないことに気がついたかもしれないが、残念なことに彼にパートナーはいないのだ。
そして曲がり曲がった結果、なんと不思議なことに、彼は元いた場所に戻ってくる。
しかし実のところ、そこは同じ場所に見えて全く異なる場所なのだ。
彼の歩みは螺旋階段。
最初の彼と今の彼は、別次元の存在。
だが、立ち位置は普通の人間。
一階と二階で同じ位置に立っていると、GPSからは重なって見えるだろう?
あれと同じ現象。
例の全身タイツの人も言っていたが、次元のまるで違う力を目の当たりにしたとき、人はそれを知覚出来ない。
彼は、外見上ただの人間であるが、中身は想像を絶する変態野郎と化しているのである。
こんな化物が、しかし見ただけではそれと判断できない。

これが世に言う変態紳士である。

RSSトピック

Now loading...

性癖っていうのは、人生の経験を積むとともに少しずつ変化していくものだへのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

人気記事ランキング

ギコあんてな(,,゚Д゚)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。