ヘッドライン

Now loading...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿、プライベートのタモリは無茶苦茶危険だぞ

460 名前: ソウギョ(catv?):2010/05 /14(金) 09:59:55.30 ID:uqeeikmU

馬鹿、プライベートのタモリは無茶苦茶危険だぞ
オレも前新宿でさんまと歩いてるとこ見かけて
タモリじゃんって思ってたら、つかつかこちらに寄ってきて
タバコを取り出して、「火、貸してくれるかな?」っていうから
あ、いいですよってライター出したらその瞬間タックルされてマウントポディションになって
「おれが!」「~してくれるかな?っつたら!」「いいですよじゃなくって!」「いいともだろうが!」
って言いながらボッコボコされた。
さんまがタモはんやめなはれ、タモはーん!って言ってるんだけどぜんぜん聞かなくて
最後機転を利かしたさんまが「タモはん、やめてくれるかな?」って言ってら
クルっとさんまのほうを向いて
満面の笑みで「いいとも~」って言って友達の輪のポーズしてオレに握手してくれた
そのときのタモリさんの笑顔を見たら何されても許しちゃうよね。

スポンサーサイト

引きこもり分類表で知る貴方のヒキ度 改訂版

86 ドワーフシクリッド(京都府) 2010/05/13(木) 12:49:04.11 ID:VFwTp1N6

■ 引きこもり分類表で知る貴方のヒキ度 改訂版 ■

Sランク:一切部屋から出れない。尿も部屋の中に溜める
Aランク:トイレ以外部屋から全く出てこない
Bラ ンク:食事や風呂のために部屋を出ることがある
Cランク:家族がいない時のみ家の中を自由に動き回る
Dランク:家の中を自由に動き回 ることができる

~~~~↑真性ひき↓半ヒキを隔てる時空の壁~~~~
第一解脱達成(脱ヒキ状態)へ
Eランク:深夜 に他人のいない所へ行くことができる
Fランク:深夜に近所の自販機へ行くことができる
Gランク:深夜にコンビニへ行くことができる
H ランク:時間を問わず他人のいない所へ行くことができる
Iランク:時間を問わず近所の自販機へ行くことができる
Jランク:時間を問わ ずコンビニへ行くことができる
準ヒキコモリ
Kランク:ある程度外出できるが人の多い所へは行けない
確信的ヒキコモリ
L ランク:学校や職場へは行けないが比較的自由に外出できる

~~~~↑半ヒキ↓偽ヒキを隔てる時空の壁~~~~
第二解脱(社会 復帰)達成へ
Mランク:通学や通勤はできるが他人と接するのを苦痛に感じる
Nランク:他人と関わりを持つことに疲れを感じる
O ランク:ごく平凡に働いている(学校に行っている)
Pランク:人生が楽しくて仕方ない

一口にひきこもりと言っても
程 度に差はあるんだよ

道歩いててたまたま前を通った家の開いてる窓から

81 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/05/13(木) 00:26:59 ID:MWpVvYAp

会話じゃあないが。
道歩いててたまたま前を通った家の開いてる窓から

「布団乾燥機セットオーン!……焼き払えー!!」

という声が聞こえてきて吹いた。

ところで同じモンスターなのに

241 : ソイ(不明なsoftbank) :2010/05/12(水) 21:44:17.61 ID:j9Frr+M6

ところで同じモンスターなのに、2体・1体のグループで登場されたら
魔物にもいろいろあるんだなあと寂しい気持ちになる

カブトムシの飼育ケースの置き場に向かないのはどこ?

32 名前: ダルマザメ(東京都):2010/05 /13(木) 22:59:14.29 ID:k1esHGhI

・カブトムシの飼育ケースの置き場に向かないのはどこ?

1  不安定な場所
2 風通しの悪い場所

若くしてできちゃった結婚.駆け落ちした私達夫婦に頼れる大人はいない
いつまでも 泣きやまない息子と,家事を全く手伝わない旦那についイライラしてしまう。
手さぐりの子育て,慣れない料理・洗濯・掃除に追われ,疲労困ぱいの毎 日でした。
いったい、何日目だろう。
また相談もなしに旦那が仕事を辞めて帰ってきた。
帰ってくるなりお酒をあおる旦那。
そ の日突然送られてきた消費者金融の請求書を突きつけ、ヒステリックに問い詰めると、泥酔した旦那は私を殴ってどこぞかへ行ってしまった。
そんなつ らい日々を忘れさせてくれるのが唯一パチンコだった。
この日も3000円だけ、3000円使い切ったらやめるつもりがすでに2万円が飲まれていっ た。
もうやめよう…もうやめよう!
ハンドルから手を放しかけたそのとき、ついに確変が。
せめて4レンチャンして…いや5レンチャ ン…
そう祈っているとそこから1時間当たりっぱなしだった。
12レンチャンし、足元にはドル箱が積まれていった。
時短が終わり時 計を見るともう2時間半経っていた。
店員を呼び、出玉をジェットカウンターに流してもらう。
15760発のレシートを受け取り景品カウン ターに行くと、ある景品にふと目が止まった。
夏限定の景品、カブトムシだった。
時間も忘れてパチンコに熱中した後ろめたさから息子にカブ トムシをあげたくなった。
これが息子にとって初めて見る本物のカブトムシだろう。
まだ幼稚園にも行ってない息子にカブトムシの価値なんて わかるはずも無いけれど…
500玉で交換した飼育セットつきのカブトムシと、45500円分の景品を受けとり換金所へ向かおうと、自動ドアを出た 瞬間エアコンが効いた店内とまわりの温度差に驚く。
陽炎たちのぼる駐車場の真ん中に見える自分の車…その中で待つのは…

カブトム シはそういう車の中に置いてはいけない

RSSトピック

Now loading...

人気記事ランキング

ギコあんてな(,,゚Д゚)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。